お役立ち情報 | きもののお手入れ | 着物のクリーニング・しみ抜き・お直しなら大阪【京染・呉服 たけ田】

ロゴ
問い合わせ先

お役立ち情報 | きもののお手入れ

日ごろのお手入れこそ、もっとも大事です。基本的なお手入れをお伝えします。

お手入れの前に

まずは、着物を汚さない工夫と注意が必要

着る場所がひどく汚れていたりホコリだらけでは、着物でなくても汚れてしまいますが、手足はもちろん、身体も十分きれいにしてから着るようにしましょう。

例えば、最初から汗だくで着ても心地よいはずがありません。

汚れやすい袖口・裾・衿

特に汚れやすいのは袖口(そでぐち)と裾(すそ)、そして衿(えり)です。

袖口と裾は着物自体に、パールトーンやスコッチガードなどの防水や汚れ防止の加工が施されていれば、多少は安心ですが、衿汚れは要注意です。

髪の油分は大敵

特に女性の場合は髪を結わずに着た場合、髪の油分による汚れが染み付かないように注意しましょう。

どうしても普段に毎日和服を着ていると、長襦袢(ながじゅばん)の衿はもちろんのこと、長着の衿も薄黒く汚れてしまうものです。

最後に、一枚の着物を毎日着るよりは、できれば2、3枚の着物を着回す方が長持ちします。これは、着物だけでなく、長襦袢や足袋にも同じ事が言えます。

すぐには畳まない

ハンガーにかける

着物を脱いでも、すぐに畳んではいけません。着物はすぐに畳むとしみこんだ汗がしみになったり、しわが残ってしまいます。なので、まずは軽くホコリをはらってから衣紋掛け(和服用のハンガー)にかけます。よほどの高価な着物でなければ洋服用のハンガーものでも代用可能です。但し洋服ハンガーに無造作に掛けっぱなすと、着物の仕立てが崩れてしまうこともあるため、一応注意して下さい。

角帯などの帯も、床につかない程度に折り畳み、同様にハンガーなどに掛けてしばらく吊るしておくことをお奨めします。

ホコリを落とす

次に、ブラシやタオルなどでホコリを丁寧にはらいます。薄い正絹の着物などなら、固いブラシで下手なことをして傷でもつけるといけませんから、柔らかいタオルなどで軽く叩いて拭き取るぐらいが丁度いいです。

ブラシのかけ方は、基本的に布の折り目に沿ってかけますが、表面が複雑なもの(縮緬地など)は、斜めにかけるといいです。

ハンガーには長時間かけない

なお、脱いだ着物を衣紋掛けなどにかけて吊るしておく時間は、季節にもよりますが、1~2時間くらい、長くても半日くらい。
3日も4日も吊るしっぱなしにすると、着物が型くずれすることがあるので注意が必要です。

汚れ落とし・しみ(染み)抜きの方法

早い対処が肝心

汚れ・しみがついたら、可能な限り早く適切な処理を施すことが肝心です。ついてすぐなら、何をつけたかが判りますが、その場で処置できない場合は、必ず汚れの種類を覚えておくか、忘れないようにしてください。

また、液体モノをこぼした時などは、ハンカチかティッシュペーパーでそお~っと、上から押さえて吸い取ります。強く押さえると、繊維に染み込むので逆効果です。

この時、絶対に「強くこすらない」こと。とにかく慌てないことです。お酒やビールなども、すぐにその場でぬるま湯で叩けば、ほとんどしみにはなりません。

汚れの種類を覚えておく

それでも染(しみ)になってしまったら、できるだけ小さいうちに取り除くようにした方が良いです。ただし、家庭でできる染抜きは、あくまでもそれほどひどくない場合に限ります。見るからにヒドイ場合は、下手に手を出さないほうが無難です。

染みぬきを依頼いただく場合は、必ず染みをつけた場所、つけた日、何をつけたかをお教えください。

大阪の着物の洗濯などお気軽にお問い合わせください
問い合わせ
Copyright(c) 2001-2012 京染・呉服 たけ田 All rights reserved.